一年以上ブログ放置してたわ!

 ブログの存在を思い出したのでちょっと息抜きがてら記事を書いてみようと思う。
2chのまとめとかでしょっちゅう出てる「なぜガンダムSEEDは叩かれるのか」について俺なりに考えた。
誰かの考えとかぶっててもご愛嬌。スルーしてね!あとあんまりガンダム詳しくないんでね!

 思うに、ガンダムSEEDは作品の「設定」に遊びが少なすぎたのだと思う。
ガンダムシリーズはリアルロボット路線の作品として有名だけれど、意外と「リアル」ではない。
人間ドラマ、戦争の描き方等(宇宙世紀とかね)はリアル路線だけれど、肝心のロボット的、SF的な部分は結構いい加減だったりする。
ハマーンは気合でビーム跳ね返すし、アムロも気合で隕石跳ね返すし、気合で死んだララァと会話する。
「説明不可能なサイコパワーでなんとかなった!」みたいな感じのシーンが宇宙世紀の作品には1シーンぐらいはあると思うんだ。
いわゆる平成ガンダムも「なんだかわからんがすげぇ強い!」みたいなのはあるわけだ。
Wガンダムシリーズの装甲がやたら硬いとか、ゴッドシャドー、月光蝶である!トランザム量子化

 では、ガンダムSEEDはどうか。なんだかわからんけどすげぇ!みたいな「設定」が存在しないように思える。
いわゆるサイコミュを操る能力も特別なものではないし、スーパーコーディネーター(だっけ?)っていうニュータイプに類する概念も遺伝子改良の結果として発現しているわけだしね(誰もが思うだろう!君のようになりたいと!)。
とにかく設定が理詰めで作られていて、遊びの入る余地があまりない。
だから、叩かれるんだと思う。〜はおかしいだろ!あの場面では〜みたいな。
理詰めってのはアニメ云々に限らず、矛盾があったりするのは許されない。
でも、理論ってのは反対意見が出るのが当たり前。アニメっていうエンターテイメント性を強く持つものにはあんまり親和性が高くないのだ。
いい加減って言い方は良くないかもしれないけど、遊びが少なくなるから、いわゆる後付でストーリーや演出を補足できなくなる。

作品全体のテーマや設定は面白いと思うし、MSもかっこいい!ゲイツ最高!
だけど、ガンダム特有の「主人公たちの持つ特異性、神性」を論理によって一生懸命説明しようとしたのが駄目だったんじゃなかろうか。
SEEDの主人公はなんだかわけわからん行動原理だし、ヒロインの言動は破綻している。そういう破綻した行動、発言を行っていないキャラクターはガンダムシリーズで相当数いる。しかし、SEEDはそういった「ぶっ飛んだ発言」が許されない作風だ。なのに、いわゆるガンダム的なセリフを喋らせちゃったのが叩かれる最大の理由じゃないだろうか。

赤黒ギンガナム

なんか青黒ファラギンガナムがはやっているので作ってみたよ。

3 ゼク・ツヴァイ(ジョッシュ機)
3 ジオ&シロッコ
3 ギム・ギンガナム(漢版)
2 ハプテマス・シロッコ
3 シンデレラ・フォウ
1 内部分裂
3 密約
3 情報の把握
3 知られざる全容
3 野望の毒牙
3 残忍な野獣
3 タシロの賭け
3 内部調査
6 ガチ党
4 黒基本G
4 赤基本G

内部調査はホントは可能性の獣にしたいけど3枚しか持ってないよ。
たぶん青黒の方が強いかも。使ったこと無いけど。

5色変革ラジエル

今度はネタデッキだぜ!

3 ガンダムラジエル
3 セファーラジエル(第一形態)
3 GNフラッグ
3 ジオ&シロッコ
2 マリーダ・クルス
3 密約
2 宝物没収
3 シロッコの目
3 野望の毒牙
2 彼方からの来訪者
3 魂の輝き
1 作戦の看破(ヴァリ)
1 破壊工作
1 残忍な野獣
1 慈愛の眼差し
1 確固たる一歩
2 武力による統制
3 赤基本G
4 黒基本G
6 変革の目撃者

赤紫ライザー

プレイしてる人はデッキレシピ乗せてメモ代わりにしてるみたいなんでやってみるぜ!
3 オーライザー
3 ダブルオーライザー
2 ダブルオークアンタ
3 コンビヤクト
1 ギリ・ガデューカ・アスピス
1 王留美
2 クシャトリヤ&マリーダ
2 エクシア&刹那
2 密約
1 新密約
3 サラサ再臨
3 奪われた獣
3 作戦の看破(旧)
2 宇宙を統べる者
3 双極の閃光
1 凌駕
1 ジオンの姫御子
1 虚偽の報告
5 黒の部隊
2 激しき情念
1 通じ合う心
5 紫基本G
 
激しき情念はもう一枚あれば心に変えたい。
クシャマリは気のせいかも知れないが環境に合ってない気がする。
さらに言うと凌駕も微妙な気がする。
内部調査入ってないのはカードパワーが低いと思ったから。内調枠に別のパワーカード入れた方が強いと思う。

就活ってお金がかかるよな・・・
コートにしろスーツにしろ。
新卒一括採用ってやっぱり限界があるよね。
中小企業ってどう調べたらいいんだろうか。

購入

遠い声 遠い部屋 (新潮文庫)

遠い声 遠い部屋 (新潮文庫)

フィッツジェラルドの方は新潮文庫版だが、何故かでないので楽天版で。